お問い合わせはコチラ

メニュー

日常

2024/07/06

喫茶店のバイトの横領を一瞬で看破してみる

喫茶店のバイトの横領を一瞬で看破してみる

 

 

 

 

モーニングに行く機会がありまして

レジの外国人の子が

割引項目を打ってたんです。

 

 

 

 

 

その時は

打ち間違いでもしたのかな?

思って席についてレシートを見てみると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーチケット使用の項目として

割引が660円入っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ、あの子、横領してるな

一瞬でわかっちゃうんですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

領収書をください

と言われたら終わりなのですが

 

 

 

 

 

ワタシとしては

サービス提供してもらえば

特に文句もないので

静観していました

 

 

 

 

 

 

 

すると

別の日本人の女の子が

レジで

チケットの枚数を数えていました

 

 

 

 

 

 

 

うん、

そりゃ合わないだろうねぇ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店もお年寄りを中心に

普段から50%以上は稼働している繁盛店なので

 

 

開店直後に

横領を仕掛けるメンタルは

確実に常習犯

 

 

 

 

 

開店直後は

チケット使用数が少ないので

チェックしやすい=バレやすい

 

 

 

 

 

そこを攻めてくるあたり

店舗のチェック機能がずさんだと断定している

 

もしくは

なめている

 

もしくは

それを計算してない強気な犯罪者

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

コーヒー飲みながら

計算すると

 

 

コーヒー1杯330円だから

20杯は、やってるとして

 

 

330円×20杯=6,600円/日

 

 

10回シフトに入れば

66,000円

バイト代以外に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで20杯の根拠

4人程度で来る人が多いお店である

 

 

 

 

常連っぽい人は

チケットを買っている人が多い

 

 

 

 

ここで

アタマの切れるタイプの犯人であれば

チケット利用者と横領ターゲットの

バランスを考えるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに

チケット利用者:10名

横領ターゲット:10名

だと

明らかにチケット(現物)が足りない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チケット利用者:10名

横領ターゲット:1名

ちゃんと管理している店でないとチェックしきれない

仮にバレたとしても

打ち間違いで乗り切られるとそれ以上責めにくい

※証拠が無いと、パワハラとか人権侵害、名誉棄損と言われかねない時代

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーチケットに

RFIDタグを埋め込むのはどうかと思いますが

(数十円かかるので)

 

 

 

 

 

 

 

 

箱に入れたら総数が常に表示されているような

仕組みにすれば

そういう犯罪も減らせる気もします。

ブログ記事一覧に戻る

ブログを読んだら、最後に
『みたよ!』押してね!

ブログを読んだら最後に『みたよ!』を押して
もらえると代表コダマが喜びます!

  • look (2)

お問い合わせフォーム

弊社へのご依頼・ご相談などございましたら、
下記の電話番号・またはメールフォームより
お問い合わせください。

営業時間/8:00〜17:00 
定休日/不定休