お問い合わせはコチラ

メニュー

日常

2023/03/21

アーク溶接で目を焼くとめっちゃ痛い

アーク溶接で目を焼くとめっちゃ痛い

 

 

はい、焼きました。

 

 

完全に油断しました。

 

 

 

 

 

 

今回は

溶接で目を焼くときの流れ

焼いちゃったときの対処法など

書いて行こうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

溶接してる方であれば

体験したことのあるかもしれない

溶接の光で目を焼く

 

 

 

 

 

 

 

どういうことかというと

強い光により

角膜がズタズタに傷がつく

というものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は

目がショボショボするところから始まり

だんだん目の周りが熱くなり

涙が止まらなくなり

目が開けられない

 

 

 

 

 

 

というのが

だいたい、

目を焼いてから

3~4時間後くらいに

目が開けられない。

になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず大事なこと

目を焼いたと思ったら

帰れるなら速攻で帰る。

※目開けられなくなるので、運転無理です。

 

 

 

 

 

 

 

【手に入れたいアイテム】

ビタミン剤

アイスノン(目を冷やす氷)

痛み止め

目薬(紫外線に効くやつ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【対処】

とにかく冷やす。

要するに火傷です。

 

 

 

ついでに

顔も焼けてるパターンがあります。

※そもそも予防デキてないのダメなんですけどね

 

 

 

 

 

 

そんな時は

保湿用に化粧水

もしくは

フェイスパック

乳液(化粧水などの保湿が蒸発しないように)

 

 

 

 

 

 

 

あとは

角膜を再生させるしかないので

ビタミンを摂っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶん、この時間に目を焼いたな~

という時刻から

24時間くらいすると

目が開けられるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、

目の周りは熱いし

光はまぶしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は

アーク溶接

外 晴れ

という環境でした。

 

 

 

 

 

この場合、

晴れは溶接の光の強さが

分かりにくくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近くに立っているとき

いつものバチバチバチって音じゃなくて

 

 

 

 

 

キィーーーー

キィーーーー

って音だったので

気付くべきでした

 

 

 

 

 

 

 

ウェルダーが

最大出力であることに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電流が最大だと

光が強くなる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強になりました

ブログ記事一覧に戻る

ブログを読んだら、最後に
『みたよ!』押してね!

ブログを読んだら最後に『みたよ!』を押して
もらえると代表コダマが喜びます!

  • look (1)

お問い合わせフォーム

弊社へのご依頼・ご相談などございましたら、
下記の電話番号・またはメールフォームより
お問い合わせください。

営業時間/8:00〜17:00 
定休日/不定休