お問い合わせはコチラ

メニュー

日常

2024/07/09

普段の仕事の進め方で気を付けていること8選

普段の仕事の進め方で気を付けていること8選

企業では

行動方針とかクレドとか作って

会社のカラー(対応)を統一していくわけです

 

 

 

中小企業だと

一方で個人の仕事の進め方が

表面に出やすいです。

 

 

 

 

 

そこで自分が仕事を進めるときに

気を付けていること、気を付けたいこと

をいくつか

書き出してみました。

 

 

 

 

 

 

今の自分がやっていないコト

でも、一緒に働く人にはしてほしいコト

計8個あります。

多いな

 

  1. 本質を見極める(目的を明らかにする)
  2. メモを取る
  3. 数字で聞く
  4. 相手目線で考える
  5. 自分の意見をもつ
  6. 逆の視点から考える
  7. 数字を見る
  8. デキるコトを選ぶ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. 本質を見極める(目的を明らかにする)

    打合せなどでテンションが上がると

    どのようにやるかに焦点が行ったりすることもあるので

    当初の目的を、前提とした話をしないといけません。

  2. メモを取る

    A4用紙をもっていき、会話をメモしていく

    主観と客観を交えた、「音声」「文字起こし」から拾えない情報を書く

    現場では、現場ルールに則って(撮影NGもある)
    スマホメモを使って写真も撮る

  3. 数字で聞く

    抽象的な表現は、重い、軽い、多い、少ない、近い、遠い

    これだと、人それぞれ感覚が違うので

    具体的に掘り下げて聞きます

    重さは1t

    商品が1tと言われればパレット1枚分くらい、重い

    設備の機械が1tと言われれば、軽い

    数は10個

    メーカーさんの生産数で言えば、極めて少ない

    メーカーさんの不良品で言えば、ちょっと多い

    距離は50m

    移動距離で言えば、近い

    溶接機から溶接カ所までの距離で言えば。遠い

  4. 相手目線で考える

    相手がどう思ったか が大事ということです。

  5. 自分の意見をもつ

    自分がどう思ったか も大事ということです。

    これで2つの視点で考えられます。

  6. 逆の視点から考える

    相手の目線

    自分の意見

    を考えられたら、それぞれ反転させて考えると

    4つになることもあれば、2つのままの事もあります。

    4つになるようであれば

    2つ以上の要素で物事を判断している可能性があります。

    例えば、

    コーヒーを選ぶ時の価値観として

    美味しい、美味しくない

    で選ぶ人が居たとして

    それは口に合う合わない

    酸味、苦み、コク

    の要素に分解することもあれば

    値段が、高い、安い

    で選ぶ人もいるでしょう

    そうすると価値観は複数になります

  7. 数字を見る

    見ない人は、見ない

    まずは、全体として上がったか下がったか

    何が、上がったか下がったか

    なぜ、上がったか下がったか

  8. デキるコトを選ぶ

    今の当社に、地域を動かす力もなければ

    日本を動かす力もないので

    まずは

    自分たちが出来る範囲で

    お客様に尽力できることを考えて

    実行していくことが大事

    細かく書いていったら

    長くなってしもーた

ブログ記事一覧に戻る

ブログを読んだら、最後に
『みたよ!』押してね!

ブログを読んだら最後に『みたよ!』を押して
もらえると代表コダマが喜びます!

  • look (2)

お問い合わせフォーム

弊社へのご依頼・ご相談などございましたら、
下記の電話番号・またはメールフォームより
お問い合わせください。

営業時間/8:00〜17:00 
定休日/不定休